季節で見る車買取

季節で車買取相場は変わるのか?どう思われますか?これまで他コーナーでも強調しているように、車買取相場を決める最後の、1番大事な要素は取引相手、つまり人であることは間違いありません。
ここでもビジネス実行者(業者)の視点に立って考えてみましょう。

 

あなたはとある車買取専門店の買取担当者です。あなたには毎月買取しなければいけない予算、月間買取台数予算が設定されています。具体的にイメージしてみましょう。あなたは今月30台の買取をしなければなりません。今月も残り5日、今のところまだ10台しか買取出来ていません。あぁ、これでは店長に怒られてしまう。あなたはきっとこう考えることでしょう。「台数目標なんだし、ちょっと高めに金額出して買取率上げてしまおう」

 

さて我に返りましょう。そうなんです。そんな事ってあるんです。上述は買取台数という設定でしたが、会社、お店からすると本来は金額になるでしょうから全てのお店が対象ではありませんが、会社で考えた場合は例えば、会社の決算月、今月で今期の業績が決まる月というのは買取相場に大きく影響します。

 

やはりここでも最後は人という話になりましが、折角なので年間での車買取希望ユーザーの動向を少し、年間で最も車買取市場が動く時期は例年1月から3月、年間の月平均を100とすると1月から3月の月平均は130〜140程といったイメージです。
逆に最も車買取ユーザーが減るのは12月、同じく年間の月平均を100とすると70程にまで下がる月です。