車買取と下取り

よく道を通っていると、「車買取致します!」や「下取りやってます!」という看板を見かけたことはないでしょうか?ここ数年ではガソリンスタンドなんかでもよく見かけられます。では車買取と下取りって何が違うのか。私は物事を理解する際、相手の立場に立って考える癖があるのですが、この違いについてもそういう視点で考えていきましょう。

 

車買取、車の下取り、いづれもあなたから見えるものは全く一緒でしょう。が、売り先、ビジネス実行者から見ていくと違いは一目了然です。
まず車買取とはビジネスの立場から考えると、車買取自体をメインにビジネスモデルを行っているお店です。

 

逆に、下取りは、新車ディーラーや、中古車販売店さんのように、元々自動車の販売をメインにビジネスにされているビジネス実行者が、お客様への接客の一環として、今乗っているお車も同時に引き取り、その分販売金額を値下げしますよ。といった事をイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。値下げ+引き取り、下取りです。

 

さてあなたは車買取、下取りどちらを利用するのがお得だと思いますか?
車買取と答えたあなた、私は違うように思います。
下取りと答えたあなた、それも私は違うように思います。

 

少々ずるい質問ですしたね。(笑)私が判断するに、車買取の方が高く売れることもあり、下取りの方が高く売れることもある。が正しい答えになるかと思います。
車買取相場のコーナーでも記載させて頂いたように、最後は人が決めるからです。